男と女変わる力学 : 家庭・企業・社会

鹿嶋敬 著

父親像の変化、就社から就職への兆し、働く女性の急増、フレックスタイムの導入、結婚観の多様化、夫婦別姓の胎動…。著者はこの20年、「日本経済新聞」記者として、一方で男性企業戦士たち、他方で専業主婦と働く女性たちの動向と変遷を追跡してきた。新しい波に見舞われる企業と家庭の現場から、最新のデータとともに現状を報告する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 男社会の憂鬱-新たな職場の力学への戸惑い
  • 夫たちの困惑
  • 困惑を越えて-男たちの新しい試み
  • 女たちの時代-女性パワーの解剖
  • 女たちの憂鬱
  • 何かが変わる-女たちの挑戦
  • 男女共生時代に向けて

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 男と女変わる力学 : 家庭・企業・社会
著作者等 鹿嶋 敬
書名ヨミ オトコ ト オンナ カワル リキガク
書名別名 Otoko to onna kawaru rikigaku
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.4
ページ数 224p
大きさ 18cm
ISBN 4004300665
NCID BN03320863
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89040334
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想