すぐれた授業とはなにか : 授業の認知科学

佐伯胖 ほか著

子どもは教室で生きている、もがいている、考えている。-教室の中で火花を散らしている子どもたちの思考過程を、四つの傑出した授業実践を素材に、4人の教育学者が徹底解析し、新しい「授業の認知科学」の方向をさぐる。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 子どもが表現するとき-作文における誠実さと真実さ(丹羽徳子氏の実践から
  • 子どもにとって作文とは何なのか
  • 討論)
  • 2 子どもの納得世界を探る-算数の学習の場合(算数教育はうまくいっているのか
  • 討論
  • 算数が「わかる」ということ-ランパートの実験授業の考察)
  • 3 子どもが生きる授業-有田和正氏の社会科授業に見る学習の分析(授業観察による学習過程の研究
  • 学習過程モデルの再検討
  • 討論)
  • 4 授業で子どもの信念を変えることは可能か-仮説実験授業の場合(仮説実験授業「ばねと力」の授業過程
  • 授業の評価と問題点
  • 討論)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 すぐれた授業とはなにか : 授業の認知科学
著作者等 佐伯 胖
大村 彰道
汐見 稔幸
藤岡 信勝
書名ヨミ スグレタ ジュギョウ トワ ナニカ
シリーズ名 UP選書 261
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.3
ページ数 241p
大きさ 19cm
ISBN 4130020617
NCID BN03314601
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89034967
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想