教育基本法の立法思想

勝野尚行 著

[目次]

  • 序章 教育基本法の立法思想の究明
  • 第1章 戦前・戦時期の教育思想・実践(大学自治擁護のための闘争
  • 教養と文化の基礎-文化の普遍性と文化政策の問題
  • 教育と権威)
  • 第2章 戦後教育改革の指導(教育基本法の立法構想-田中二郎証言より
  • 教育と政治
  • 新憲法と文化)
  • 第3章 戦後教育立法の構想(戦後教育改革構想の成立-過去に対する根本的な批判と反省
  • 善き隣人たれ-戦後教育改革の課題
  • 教育基本法の立法構想と教育勅語観)
  • 第4章 教育基本法の理論(教育基本法解説の立場
  • 教育理念の問題
  • 教育権関係
  • 教育権の独立
  • 教職員の専門職性と労働者性)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 教育基本法の立法思想
著作者等 勝野 尚行
書名ヨミ キョウイク キホンホウ ノ リッポウ シソウ
書名別名 田中耕太郎の教育改革思想研究

Kyoiku kihonho no rippo shiso
シリーズ名 教育基本法
出版元 法律文化社
刊行年月 1989.3
ページ数 756p
大きさ 22cm
ISBN 4589014335
NCID BN03314190
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033474
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想