書の心理 : 筆跡心理学の発達と課題

黒田正典 著

[目次]

  • 目次
  • 序説 / p1
  • 一 筆跡心理学の課題と観点 / p1
  • 第一章 筆跡研究の歴史 / p7
  • 二 筆跡学史-クラーゲス以前 / p7
  • 三 クラーゲスの筆跡学 / p13
  • 四 ソーデック / p35
  • 五 信頼性検討の諸研究 / p48
  • 六 認識論的諸問題 / p58
  • 七 人格の諸方面と筆跡特徴 / p64
  • 八 体型と書字運動 / p72
  • 九 大運動と書字運動 / p83
  • 一〇 妨害・暗示・薬剤 / p97
  • 一一 医学的診断法としての筆跡観察 / p100
  • 一二 クリューガー学派の基礎研究 / p110
  • 一三 ポファルの運動生理学的理論 / p115
  • 第二章 基礎的研究 / p128
  • 一四 書字運動の測定 / p128
  • 一五 筆跡から圧と速さを判断する可能性について / p142
  • 一六 作文にあらわれた筆跡と性格の関係-ひとつの面相学的研究 / p154
  • 一七 性格特徴と筆跡特徴の実験的研究 / p174
  • 一八 書字作用の分析 / p199
  • 一九 鉛筆・ペン・毛筆の相違 / p220
  • 第三章 書道との関連において / p231
  • 二〇 史上人物の性格と筆跡特徴-動乱型と静観型 / p231
  • 二一 書法における自然法則と芸術技巧の交渉について / p244
  • 二二 王義之理解の一側面 / p267
  • 二三 「書論」の特質 / p288
  • 第四章 実際生活との関連において / p303
  • 二四 ゾンネマンにおける筆跡と性格の関係-(その一)西洋筆跡字翻案の基礎として / p303
  • 二五 ゾンネマンにおける筆跡と性格の終係-(その二)筆跡と性格の表 / p313
  • 二六 執筆者鑑別法 / p327
  • 二七 各種の相談と筆跡 / p336
  • むすび / p348
  • 二八 筆跡心理学の基本問題 / p348
  • 文献・索引

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 書の心理 : 筆跡心理学の発達と課題
著作者等 黒田 正典
書名ヨミ ショ ノ シンリ : ヒッセキ シンリガク ノ ハッタツ ト カダイ
出版元 誠信書房
刊行年月 1964
版表示 改訂
ページ数 354, 20p
大きさ 22cm
ISBN 978-4-414-93013-9
NCID BA82958528
BN03314044
BN07110024
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
64007679
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想