世界システム

田中明彦 著

この本の対象は、われわれの住む近代世界システムの全体である。全体とは、部分部分の単純なる和以上の何ものかである。この本では、そのような全体としての近代世界システムについて考察していきたい。それぞれの国家とか、各地域とかを、ただ足しあわせた以上のものとしての近代世界システムについて考察したいのである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 世界システムの分析(世界システムとは何か)
  • 第2部 近代世界システムの静態分析(主体
  • 近代国際システムと経済分業
  • 戦争と平和
  • 成長と停滞)
  • 第3部 近代世界システムの動態分析(近代世界システムにおける長期サイクル論
  • 近代世界システムの趨勢的変化
  • 古典的パワーポリティクスの盛衰
  • 産業資本主義の展開)
  • 第4部 近代世界システムの今後(近代世界システムの今後-持続、変質、終焉?)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 世界システム
著作者等 田中 明彦
書名ヨミ セカイ システム
シリーズ名 現代政治学叢書 19
出版元 東京大学出版会
刊行年月 1989.4
ページ数 231, 11p
大きさ 20cm
ISBN 4130321099
NCID BN03308369
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89038895
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想