フランス革命と数学者たち

田村三郎 著

フランス革命とナポレオンの時代のフランスは、まさに激動の時代でした。この時代に、多くの著名な数学者たちが輩出しています。革命推進に積極的であった人、傍観者であった人。またナポレオンに忠誠を誓った人や裏切った人など、彼等の生きざまは激しく、そしてさまざまな運命をたどっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 絶対王政と数学者たち
  • 第2章 サロンと啓蒙主義の時代(神よりも理性を上位に置いた啓蒙主義者たち
  • ダランベール)
  • 第3章 フランス革命の展開
  • 第4章 教育制度の改革と数学者(コンドルセ
  • アルボガスト
  • モンジュ)
  • 第5章 度量衡の統一と数学者(ラグランジュ
  • ルジャンドル
  • ボルダ
  • ドランブル)
  • 第6章 革命戦争の推進と数学者(カルノー
  • バンデルモンド
  • ムーニェ)
  • 第7章 ナポレオンの時代と数学者(ラプラス
  • フーリエ
  • ルフィーニ
  • アンペール
  • アルガン
  • ジェルマン
  • ガウス
  • マスケロニ
  • ポアソン
  • ポンスレ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フランス革命と数学者たち
著作者等 田村 三郎
書名ヨミ フランス カクメイ ト スウガクシャタチ
書名別名 デカルトからガウスまで

Furansu kakumei to sugakushatachi
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1989.4
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4061327690
NCID BN03291051
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033536
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想