大明律例訳義

高瀬喜朴 著 ; 小林宏, 高塩博 編

『大明律例訳義』は、八代将軍徳川吉宗の命を受けて、紀州藩の儒者、高瀬喜朴が享保5年(1720)、中国明代の刑法典、明律を和訳したものである。本書は本文12巻、首末各1巻、計14巻から成り、本文は冒頭にその巻の目録を載せるが、明律や条例の原文は示さず、直ちにその和訳の文のみを掲げている。

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大明律例訳義
著作者等 小林 宏
高塩 博
高瀬 学山
高瀬 喜朴
書名ヨミ ダイミン リツレイ ヤクギ
シリーズ名 明律
出版元 創文社
刊行年月 1989.2
ページ数 773, 16p
大きさ 22cm
ISBN 4423740664
NCID BN03287633
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029401
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想