マウス胚の操作マニュアル

Brigid Hogan [ほか著] ; 山内一也 [ほか]訳

本書は、マウス胚を得るための遺伝的背景から始まり、ホルモン処理による排卵の誘起、交配、胚の採取、胚へのDNA導入を中心とするさまざまな操作、および操作された胚の移植と生まれた仔の検査から飼育管理まで最新の技術が簡潔にして要を得た文章と適切な図解によって見事に説明している。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 マウスの発生遺伝学と発生学-過去、現在、未来
  • 第1章 マウスの発生の要約
  • 第2章 トランスジェニックマウス作出用コロニーの準備
  • 第3章 胚の採取、培養および移植
  • 第4章 発生途上のマウス胚への新たな遺伝情報の導入
  • 第5章 多分化能幹細胞株の分離
  • 第6章 遺伝子および遺伝子産物を見るための技術
  • 第7章 受精卵、胚および奇形癌腫細胞の培養
  • 第8章 薬品、器具および溶液

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 マウス胚の操作マニュアル
著作者等 Costantini, Frank
Hogan, Brigid
Lacy, Elizabeth
山内 一也
岩倉 洋一郎
森 庸厚
豊田 裕
書名ヨミ マウス ハイ ノ ソウサ マニュアル
書名別名 Manipulating the mouse embryo
出版元 近代
刊行年月 1989.2
ページ数 332p
大きさ 27cm
ISBN 4874024653
NCID BN03271054
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89026802
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想