農民層分解の研究

森博男 著

[目次]

  • 目次
  • はしがき / 1
  • 第1篇 農民層分解と水稲の集団栽培
  • 第1章 集団栽培の概観 / 1
  • 第2章 集団栽培生成の要因 / 8
  • 第1節 集団栽培生成の技術的要因 / 8
  • 1 農業技術の発展と農民の主体的条件との矛盾 / 8
  • 2 農業技術の展開と水稲の集団栽培 / 14
  • 第2節 集団栽培生成の社会的要因 / 25
  • 1 農業生産力の発展-農地改革後における三つの時期- / 25
  • (1) 水稲作における生産力の発展 / 25
  • (2) 農業生産力の発展 / 36
  • 2 農民層分解の展開 / 50
  • 第3章 集団栽培の経済的性格 / 80
  • 第1節 集団栽培と零細土地所有 / 80
  • 1 集団栽培の発展諸段階における若干の特徴 / 80
  • 2 集団栽培の生産方法と零細土地所有 / 91
  • 〔補論〕集団栽培展開過程の一事例 / 100
  • (1) 第1期 / 100
  • (2) 第2期 / 103
  • (3) 第3期 / 106
  • 第2節 集団栽培の諸段階と農民層の分解-酒井惇一氏の所説にふれて- / 112
  • 1 集団栽培と農民層の分解 / 112
  • 2 集団栽培と農民の「共同意識」-酒井氏の集団栽培ばら色論批判と関連して- / 121
  • 第2篇 農民層分解の理論
  • 第1章 いわゆる市場形成の理論について-渡辺寛氏の所説にふれて- / 126
  • 第1節 『問題の設定』について / 126
  • 第2節 『現物経済の商品経済への転化』について / 128
  • 第3節 『商品経済の資本主義経済への転化』について / 139
  • 1 『商品経済の資本主義経済への転化』についてのレーニンの説明 / 139
  • 2 商品生産の矛盾 / 140
  • 3 商品の矛盾の展開 / 160
  • 4 渡辺氏の『表式』批判について / 202
  • 第4節 むすび / 208
  • 第2章 いわゆる農民層分解の論理について-大石嘉一郎氏の所説にふれて- / 211
  • 第1節 『農民層分解の論理』 / 211
  • 第2節 農民層分解と価値法則 / 225

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 農民層分解の研究
著作者等 森 博男
書名ヨミ ノウミンソウ ブンカイ ノ ケンキュウ
シリーズ名 愛知学院大学経営研究所研究叢書 ; 第2号
出版元 愛知学院大学経営研究所
刊行年月 1968
ページ数 231p
大きさ 22cm
NCID BN0325957X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
70024705
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想