オランウータンと人類の起源

ジェフリー・シュワルツ 著 ; 渡辺毅 訳

人類の祖先はオランウータンだった。ヒトに最も近縁なのは、はたしてチンパンジーやゴリラなどのアフリカ類人猿なのだろうか?ダーウィンからS・J・グールドまで、広範な文献とデータを駆使し、進化論百余年の歴史を問い直す、画期的な科学エッセイ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 オランウータン
  • 第2章 人類の祖先を求めて
  • 第3章 いちばん近い親戚を探して
  • 第4章 近縁関係の謎
  • 第5章 まず霊長類を知り、その後、ヒトニザル上科へ
  • 第6章 ヒトニザル上科
  • 第7章 ヒトとオランウータン
  • 第8章 血は骨より濃し
  • 第9章 分子と進化
  • 第10章 オランウータンの復権

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 オランウータンと人類の起源
著作者等 Schwartz, Jeffrey H
Schwartz, Jeffrey H.
渡辺 毅
シュワルツ ジェフリー
書名ヨミ オランウータン ト ジンルイ ノ キゲン
書名別名 The red ape

Oran'utan to jinrui no kigen
出版元 河出書房新社
刊行年月 1989.2
ページ数 397, 14p
大きさ 20cm
ISBN 4309250459
NCID BN03257654
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024170
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想