宗教改革の教育史的意義

小林政吉 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき / p1
  • 第一部 ルターの教会とカルヴァンの教会 / p3
  • 序 / p3
  • 第一章 ルターとその教会 / p4
  • 一 問題 / p4
  • 二 信仰と教会との本質 / p6
  • 三 ルターと現実社会 / p18
  • 四 ルター教会組織の形成 / p30
  • 第二章 カルヴァンとその教会 / p46
  • 一 問題 / p46
  • 二 信仰の本質 / p52
  • 三 カルヴァンと現実社会 / p64
  • 四 カルヴァンの教会 / p69
  • むすび / p82
  • 第二部 ルターとカルヴァンとのカテキズム / p87
  • 序 / p87
  • 第一章 ルターのカテキズム / p90
  • 一 問題 / p90
  • 二 罪の自覚とゆるし(一五二〇年までの作品から) / p94
  • 三 ルター教会のカテキズム(一五二九年までの作品から) / p110
  • 四 一般教育と宗教教育 / p136
  • 第二章 カルヴァンのカテキズム / p159
  • 一 問題 / p159
  • 二 一五三八年のカテキズム / p167
  • 三 一五四五年のカテキズム / p190
  • 第三部 英国教会主義と清教主義 / p207
  • 序 / p207
  • 第一章 ヘンリ八世の宗教革命と初期の清教主義 / p213
  • 第二章 リチャード・フーカー / p220
  • 第三章 クロムウェルとその軍隊 / p233
  • 第四章 ジョン・ミルトン / p244
  • 第五章 ジョージ・フォックス / p255
  • むすび / p264
  • 第四部 教育の機会均等の理念-十九世紀前半の欧米の社会背景から- / p265
  • 序 / p265
  • 第一章 プロイセン / p267
  • 第二章 イングランド / p272
  • 第三章 アメリカ / p275
  • むすび / p291
  • 索引 / p1
  • 資料と参考文献 / p3

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 宗教改革の教育史的意義
著作者等 小林 政吉
書名ヨミ シュウキョウ カイカク ノ キョウイクシテキ イギ
出版元 創文社
刊行年月 1960
ページ数 292p
大きさ 22cm
NCID BN03257392
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
61001806
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想