日本の産業革命

大江志乃夫 著

[目次]

  • 目次
  • まえがき
  • 序章 明治維新後の財政経済 / p1
  • 第一章 資本主義の移植 / p9
  • 第一節 大久保政権と政商保護 / p9
  • 一 大久保政権と大隈財政 / p9
  • 二 大蔵省と三井保護政策 / p14
  • 三 内務省と三菱保護政策 / p21
  • 第二節 殖産興業政策の展開 / p25
  • 一 輸入防遏政策 / p25
  • 二 綿業における殖産興業 / p32
  • 三 勧業政策の展開 / p42
  • 第二章 資本の形成 / p49
  • 第一節 地租改正と秩禄処分 / p49
  • 一 士族と農民 / p49
  • 二 公債と銀行 / p55
  • 三 地租と米の流通 / p64
  • 第二節 紙幣整理 / p73
  • 一 輸入防遏から直輸出へ / p73
  • 二 大隈財政の破綻 / p81
  • 三 大増税政策の展開 / p84
  • 四 商権回復運動 / p89
  • 五 農商務省設置と殖産興業 / p100
  • 第三節 従属的資本主義へ / p105
  • 一 明治一四年政変 / p105
  • 二 松方財政と井上外交 / p113
  • 三 朝鮮開国と壬午・甲申事変 / p117
  • 第四節 明治国家体制の確立 / p129
  • 一 軍事力の成立 / p129
  • 二 軍事国家としての天皇制国家 / p137
  • 三 鉄道の軍事的性格 / p142
  • 四 農民の没落 / p151
  • 第三章 近代産業の形成 / p161
  • 第一節 官業払下げと政商資本 / p161
  • 一 工場払下概則と官業払下げ / p161
  • 二 払下官業と政商資本 / p171
  • 三 政商資本と囚人労働 / p180
  • 四 政商資本と鉱山 / p190
  • 第二節 産業資本の形成 / p193
  • 一 地主層と民力休養 / p193
  • 二 政商・華族資本と紡績業 / p203
  • 三 旧特権的都市商人と紡績業 / p211
  • 四 地方地主と紡績業 / p217
  • 五 紡績資本と徹夜労働 / p221
  • 第三節 日清戦争と日本資本主義 / p227
  • 一 日本軍国主義と日清戦争 / p227
  • 二 日本資本主義と朝鮮 / p232
  • 三 紡績資本と日清戦争 / p237
  • 四 日清構和条約と中国市場 / p247
  • 第四章 資本主義の確立 / p253
  • 第一節 産業資本の確立(一) / p253
  • 一 金本位制の成立 / p253
  • 二 政商資本と産業資本 / p259
  • 三 綿業資本の確立 / p268
  • 四 日本資本主義における絹業 / p277
  • 第二節 産業資本の確立(二) / p288
  • 一 製鉄業確立とその軍事的性格 / p288
  • 二 運輸・動力産業と機械工業 / p297
  • 第三節 日本資本主義と労働者・農民 / p305
  • 一 鉱山・重工業・運輸部門の労働者 / p305
  • 二 繊維産業における労働者 / p316
  • 三 寄生地主制の完成と農民 / p334
  • 展望 帝国主義への転化 / p345
  • 注 / p359
  • 参考文献 / p373
  • 索引
  • 事項
  • 建議

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の産業革命
著作者等 大江 志乃夫
書名ヨミ ニホン ノ サンギョウ カクメイ
書名別名 Nihon no sangyo kakumei
シリーズ名 日本歴史叢書
出版元 岩波書店
刊行年月 1968
ページ数 376p
大きさ 19cm
NCID BN03255455
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
68005301
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想