知識と想像の起源

ジェイコブ・ブロノフスキー 著 ; 野田又夫, 土屋盛茂 共訳

プロノフスキーは、人間という生物種のもつ特質である「想像力」の展開の二つの相として、科学と芸術とを統一性的にとえられることを目指していた。そういう広い進化史の中で科学的知識を見直そうとしたのが本書である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 理解のための道具としての精神
  • 第2章 記号言語の進化と力
  • 第3章 アルゴリズムとしての知識と比喩としての知識
  • 第4章 自然の法則と法則の性質
  • 第5章 誤謬と進歩と時間概念
  • 第6章 法と個人の責任

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 知識と想像の起源
著作者等 Bronowski, Jacob
土屋 盛茂
野田 又夫
ブロノスフスキー ジェイコブ
書名ヨミ チシキ ト ソウゾウ ノ キゲン
書名別名 The origins of knowledge and imagination
出版元 紀伊国屋書店
刊行年月 1989.2
ページ数 242p
大きさ 20cm
ISBN 4314005122
NCID BN03254452
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028186
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想