ソヴィエト政治史 : 権力と農民

渓内謙 著

スターリン時代を、現代史のなかで位置づけ、その特質を追求した本書は、1962年に出版され、日本で初めての本格的なソヴィエト政治史の研究書として高い評価を得た。「上からの革命」を体系的に解明した『スターリン政治体制の成立』全4巻の完結を機に刊行する。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 農村における統治構造(10月革命と農村
  • 統合へのこころみ
  • 農村におけるソヴィエト活動の衰退)
  • 第2章 農村における統治構造(党組織
  • ソヴィエト
  • 農村対策の転換-「農村に面をむけよ」)
  • 第3章 農村における社会関係-1924年を中心として(協同組合
  • 全ロシア農林労働組合
  • 農民相互扶助委員会
  • 婦人・青年
  • 農村教師
  • シェフストヴォ
  • スホード)
  • 第4章 「ソヴィエト活発化」政策の導入(1924年秋
  • 党中央委員会10月総会
  • 政策の第一歩)
  • 第5章 体制と農民(ソヴィエトの「農民化」)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ソヴィエト政治史 : 権力と農民
著作者等 渓内 謙
書名ヨミ ソヴィエト セイジシ
書名別名 Sovieto seijishi
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.2
ページ数 583, 11p
大きさ 22cm
ISBN 4000012363
NCID BN03252785
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89030625
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想