解放後在日朝鮮人運動史

朴慶植 著

南北分断40年。いまだ朝鮮民族念願の統一は実現していない。現在、在日朝鮮人は約70万人を越える。総連と民団の分裂・対立の中で在日朝鮮人は依続として不当な差別を受けている。本書は8.15解放以後の在日朝鮮人運動の歴史的分析を行うことによって、今後の在日朝鮮人のあり方を問う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序論(在日朝鮮人の現状
  • 解放後の在日朝鮮人運動)
  • 第1章 8・15解放直後の民族団体の結成
  • 第2章 在日朝鮮人の民主的民族的権利を守る運動
  • 第3章 阪神教育闘争と国旗掲揚弾圧事件
  • 第4章 解放直後の民族的合作とその挫折
  • 第5章 在日本朝鮮人連盟と民青の強制解散
  • 第6章 朝鮮戦争下の在日朝鮮民戦の活動
  • 第7章 在日朝鮮人の民族的統一運動の模索
  • 第8章 在日本朝鮮人総連合会の結成とその活動
  • 第9章 南北分断下の総連と民団
  • 附章 朝鮮総連の30年

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 解放後在日朝鮮人運動史
著作者等 朴 慶植
書名ヨミ カイホウゴ ザイニチ チョウセンジン ウンドウシ
出版元 三一書房
刊行年月 1989.3
ページ数 526p
大きさ 20cm
ISBN 4380892050
NCID BN0325086X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029387
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想