DNA複製とその調節

吉川寛 ほか編

本書では、複製研究の全体像を正しく理解してもらうため、まず複製に関する知識の歴史的変遷を述べ、次いで生物種を越えて普遍性の高い半保存的複製の不連続合成の機構を詳細に解説してもらいました。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 DNA複製
  • 第2章 DNA鎖の伸長機構-岡崎フラグメント
  • 第3章 DNA複製酵素の分子構築
  • 第4章 プラスミドの複製
  • 第5章 細菌染色体の複製調節
  • 第6章 酵母におけるDNA複製
  • 第7章 哺乳類染色体DNAの複製開始-c‐myc依存性の複製開始点の分離とその性質
  • 第8章 哺乳類細胞のDNA複製の解析
  • 第9章 ウイルスDNAの複製
  • 第10章 DNAの組換え機構RecAのタンパクの機能と構造

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 DNA複製とその調節
著作者等 内田 久雄
吉川 寛
関口 睦夫
書名ヨミ ディーエヌエイ フクセイ ト ソノ チョウセツ
書名別名 Dienuei fukusei to sono chosetsu
シリーズ名 シリーズ分子生物学の進歩 2
出版元 丸善
刊行年月 1989.3
ページ数 284p
大きさ 22cm
ISBN 462103359X
NCID BN03249995
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89029610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想