白球礼讃 : ベースボールよ永遠に

平出隆 著

暑い草いきれのなか、白球を追う。無心になってゲームをするときの幸福感-。草野球チームの監督兼3塁手としてプレーする詩人が、アメリカの野球殿堂を訪ね、チームの公認を得る。そこには元大リーガーも入団する。さらにグラヴやバットの職人を訪ねては、野球への情熱を聞く。ベースボールへの愛が一杯に詰まった一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • ダイアモンドよ永遠に
  • ライオンズとチョンギース
  • 天職野球への道
  • たった一人のワールドシリーズ
  • クーパースタウン殿堂攻略記
  • 幻の軟式ボールを求めて
  • 野をひらくバット
  • グラヴ職人との一夕
  • 最後のシャドウ・ベースボール
  • レロン・リー、ファウルズに来る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 白球礼讃 : ベースボールよ永遠に
著作者等 平出 隆
書名ヨミ ハッキュウ ライサン
書名別名 Hakkyu raisan
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.3
ページ数 223p
大きさ 18cm
ISBN 4004300649
NCID BN03239812
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033968
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想