現代日本の保守政治

内田健三 著

保守政治はなぜ続くのか。その構造はどう変わりつつあるか。支配体制の腐蝕はどこまで進んだか。佐藤長期政権の時代から"三角大福鈴"5代による混迷の模索、さらに中曽根を経て竹下に至る4半世紀の歩みを検証し、自民党政治の特質を浮かび上がらせる。長い取材経験を生かして、代議士の生態やカネとの結びつきにも光をあてる好著。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 戦後政治から現代政治へ
  • 第1章 佐藤長期政権の明暗
  • 第2章 1970年代の混迷
  • 第3章 保守再建の模索
  • 第4章 一党支配の再構築
  • 第5章 現代保守政治の生態
  • 終章 政治に問われるもの

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 現代日本の保守政治
著作者等 内田 健三
書名ヨミ ゲンダイ ニホン ノ ホシュ セイジ
書名別名 Gendai nihon no hoshu seiji
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.3
ページ数 208, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004300614
NCID BN03239197
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89033311
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想