ケンブリッジ西洋美術の流れ  3

レッツ ローザ・マリア【著】<Letts Rosa Maria>;鈴木 杜幾子【訳】

ギリシア・ローマ古典文化への関心と人文主義は、美術に大きな実を結び、続く世紀の基盤となるような諸様式を生んだ。本書は、芸術家とパトロンの新しい関係に注目しながら、メディチ家、ウルビーノ宮廷、ローマ教皇庁などのもとでの芸術を生き生きと描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序 マザッチオ-現実の解釈者
  • 1 ルネサンス芸術の起源
  • 2 フィレンツェの初期ルネサンス、1400‐1450
  • 3 ルネサンス芸術に表わされた自然と空間と現実
  • 4 初期ルネサンスの芸術家とパトロン
  • 5 世紀末の緊張と実験
  • 6 北イタリアのルネサンス
  • 7 盛期ルネサンス
  • 8 完璧な芸術

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 ケンブリッジ西洋美術の流れ
著作者等 Letts, Rosa Maria
鈴木 杜幾子
レッツ ローザ・マリア
書名ヨミ ケンブリッジ セイヨウ ビジュツ ノ ナガレ
書名別名 The Renaissance

ルネサンスの美術

Kenburijji seiyo bijutsu no nagare
巻冊次 3
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.3
ページ数 108p
大きさ 26cm
ISBN 4000084437
NCID BN03238026
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89027019
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本

掲載作品

著作名 著作者名
ルネサンスの美術 ローザ・マリア・レッツ, 鈴木 杜幾子
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想