感覚の生理学

高木雅行 著

生物の感覚は、生きていくための「情報」で構成された感覚である。それぞれが独自の情報感覚をもってしたたかに生きている。本書は感覚-味覚・嗅覚・聴覚・色覚・視覚-の成り立ちについてわかりやすく解説したもので、イラスト画を楽しみながらの一読をおすすめします。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1.おいしさの生理学-味覚
  • 2.匂いの生理学-嗅覚
  • 3.美しい音-聴覚
  • 4.きれいな色-色覚の世界
  • 5.鮮やかな映像-視覚の世界

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 感覚の生理学
著作者等 高木 雅行
書名ヨミ カンカク ノ セイリガク
シリーズ名 生命科学シリーズ
出版元 裳華房
刊行年月 1989.2
ページ数 131p
大きさ 21cm
ISBN 4785350792
NCID BN03234171
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028215
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想