歴史における個人の役割

プレハーノフ 著 ; 西牟田久雄, 直野敦 訳

[目次]

  • 歴史における個人の役割 目次
  • 歴史における個人の役割 / p3
  • 一 必然性と自由意志 / p5
  • 二 必然性の自覚と社会的実践 / p12
  • 三 歴史における個人の役割 / p21
  • 四 ランプレヒトの歴史観 / p29
  • 五 歴史の客観的法則と個人の役割 / p36
  • 六 社会の発展と偶然性 / p49
  • 七 社会的諸条件と個性 / p65
  • 八 生産力の発展と社会的人間 / p74
  • 歴史の唯物論的理解について / p85
  • 一 アントニオ・ラブリオーラと経済的唯物論者たち / p87
  • 二 歴史学における「要因」理論 / p92
  • 三 「要因」理論と経済的唯物論 / p99
  • 四 自然的環境と人為的環境 / p107
  • 五 社会心理 / p112
  • 六 文化の発展と人種 / p117
  • 七 ラブリオーラの「人種」理論 / p124
  • 八 啓蒙主義的歴史観の限界 / p129
  • 九 社会的諸関係 / p136
  • 一〇 文化的諸現象の構造的理解 / p144
  • 一一 イデオロギーと生産力 / p152
  • 訳註 / p160
  • 解説 / p174
  • 訳者あとがき / p180

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 歴史における個人の役割
著作者等 Plekhanov, Georgiĭ Valentinovich
直野 敦
西牟田 久雄
プレハーノフ
書名ヨミ レキシ ニ オケル コジン ノ ヤクワリ
シリーズ名 社会科学ゼミナール ; 第5
出版元 未来社
刊行年月 1956
ページ数 180p
大きさ 19cm
NCID BN03233474
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
56003921
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 ロシア語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想