日本の海賊

長沼賢海 著

[目次]

  • 目次
  • 一 海賊と云うものは / p1
  • 二 海賊のおこり / p8
  • 三 瀬戸内海航路の発達 / p16
  • 四 海賊の養殖池 / p23
  • 五 瀬戸内海の盲点、海賊の性格 / p31
  • 六 海賊藤原広嗣と同純友 / p38
  • 七 日宋文化の交流と宋海商 / p46
  • 八 宋の商客と国際児 / p55
  • 九 新羅海賊の波紋 / p62
  • 一〇 宋像氏の海上発展 / p73
  • 一一 海商西海に起る / p83
  • 一二 海賊松浦党の結成 / p92
  • 一三 松浦海賊の連盟と規約 / p101
  • 一四 船路の遊女 / p113
  • 一五 海賊大将軍 / p126
  • 一六 海商の発展と切支丹大名 / p132
  • 一七 バハン船及び東西の大海戦 / p143
  • 一八 海賊城と海賊 / p154
  • 一九 因島の本主村上氏 / p167
  • 二〇 野島の海内将軍村上氏 / p176
  • 二一 宮島海戦と一向宗海賊一揆 / p188
  • 二二 海賊の戦法 / p199
  • 図版
  • 瀬戸内海要地図 / p208
  • 北九州要地図 / p209

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本の海賊
著作者等 長沼 賢海
書名ヨミ ニホン ノ カイゾク
書名別名 Nihon no kaizoku
シリーズ名 日本歴史新書
出版元 至文堂
刊行年月 1955
版表示 増補版
ページ数 209p
大きさ 19cm
NCID BN03230545
BN04705717
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55007902
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想