バシュラールの詩学

及川馥 著

生いたち、同時代の詩・文学作品とのかかわり、フロイトやユングの影響、現象学への接近などを多角的に考察しつつバシュラールの詩学の源泉をさぐり、その基本原理をなすイマージュ=物質的想像力の構造を解き明かす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 イマージュの詩学(バシュラール-生涯と思想
  • イマージュ論
  • 2つの精神分析をめぐって
  • 夢想の詩学へ)
  • 第2部 『水と夢』-物質的想像力(水の反映と物質性
  • 水における愛と死と物質
  • 水のモラル-純粋性と浄化作用
  • 水のパロール-音韻の詩学)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 バシュラールの詩学
著作者等 及川 馥
書名ヨミ バシュラール ノ シガク
出版元 法政大学出版局
刊行年月 1989.3
ページ数 253, 4p
大きさ 20cm
ISBN 4588130102
NCID BN03229433
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89034006
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想