一軍人の生涯

緒方竹虎 著

[目次]

  • 目次
  • まへがき / p1
  • 三國同盟阻止時代
  • 中流の砥柱 / p11
  • 米內と政治 / p13
  • 倫敦會議前後 / p15
  • 米內と山本五十六 / p18
  • 日華事變の勃發 / p20
  • 禍根は溯る / p21
  • 日華事變擴大の序幕 / p24
  • 「話合は水に流されたし」 / p28
  • 近衞の心境 / p30
  • 米內の第一關心事 / p33
  • 末次の參議問題 / p36
  • 米內と三國同盟 / p38
  • 三國同盟に關する手記 / p39
  • 有田八郞の所見 / p43
  • 日獨伊問題の陰謀 / p45
  • 平沼內閣の苦悶 / p52
  • 「勝てる見込はありません」 / p57
  • 「殺されたでせうね!」 / p60
  • 米內內閣時代
  • 直接思召による大命 / p63
  • 湯淺內府必死の工作 / p65
  • 果して陸軍の倒閣運動 / p67
  • 齋藤隆夫の反軍演說等々 / p68
  • 樞府議長選任と內閣の性格 / p71
  • 焦り出した軍と近衞 / p72
  • 新體制運動と舞臺の暗轉 / p73
  • 氣の毒な畑の立場 / p76
  • 日本の破局への道 / p78
  • 近衞內閣から東條內閣時代
  • 足は全く地を離れた / p83
  • 三國同盟再び登場す / p86
  • 近衞日米交渉を急ぐ / p88
  • 松岡駄々をこねる / p95
  • こだはつた撤兵問題 / p97
  • 重臣層の時局認識 / p100
  • 木戶の東條推薦理由 / p103
  • 米內の現役復歸論擡頭す / p108
  • 岡田、東條の激論 / p109
  • 木戶、東條の一騎打ち / p111
  • 東條遂に投げ出す / p114
  • 小磯米內內閣時代以後
  • 小磯米內聯立內閣 / p117
  • 米內人事で押通す / p118
  • 最高戰爭指導會議 / p121
  • 繆斌による和平工作 / p124
  • 鈴木內閣の出現 / p126
  • 米內の終戰に對する考へ方 / p127
  • 臨時議會を繞つて / p131
  • ヤルタ會談の密約 / p133
  • 原爆投下、ソ聯の參戰 / p138
  • 聖斷によりポ宣言受諾 / p144
  • 帝國海軍の挽歌 / p151
  • 軍人としての米內光政
  • 少年時代 / p155
  • 日露戰爭の前後 / p158
  • 陸海軍對抗酒戰に捷つ / p164
  • 財政建直しの爲にロシア行き / p165
  • 浦鹽から波蘭へ / p169
  • 最も短い英語演說 / p178
  • 河の水魚棲む程の淸さかな / p184
  • 蔣介石との會見 / p186
  • 離現役を覺悟した鎭海時代 / p190
  • 第三艦隊司令長官時代 / p196
  • 友鶴顚覆事件 / p201
  • 間一髪搭載機を召還す / p204
  • 横鎭長官から聯合艦隊司令長官時代 / p208
  • 徹底した部下思ひ / p211
  • 餘人を以て代へられぬ存在 / p217
  • 人間としての米內光政
  • 初めて日光に遊ぶ / p221
  • 酒量と長唄勸進帳 / p227
  • 一生を貧乏で貫く / p230
  • 淸澄なる晩年の姿 / p236
  • 心にかけた皇室の御安泰 / p244
  • 米內光政のこと / p249
  • グレイと孔明と米內 / p251
  • ただ一本のスコッチ・ヰスキイ / p253
  • 語り過ぎない人 / p256
  • ロシヤ文學を好んで讀む / p258
  • よき理解者キーナン檢事 / p262
  • 一榻茶煙成偶睡 / p264
  • 肝腦を國に捧げ盡す / p266
  • あとがき 八角三郞 / p269
  • 年譜 / p271

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 一軍人の生涯
著作者等 緒方 竹虎
書名ヨミ イチ グンジン ノ ショウガイ
出版元 文芸春秋新社
刊行年月 1955
ページ数 277p 図版
大きさ 20cm
NCID BN03227085
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55002610
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想