権威と服従 : カトリック政党とファシズム

村上信一郎 著

第一次世界大戦直後に誕生し、ムッソリーニ・ファシズム体制の成立とともに消滅したイタリア史上最初のカトリック政党イタリア人民党の政治社会学的分析を通じて、近代の政治的危機における政治と宗教のダイナミックな関係を考察する。ファシズム研究に新しい視点を導入。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 イタリアのカトリック運動
  • 第2章 「カトリック活動」と大衆の組織化
  • 第3章 イタリア人民党
  • 第4章 戦後政治のなかの人民党
  • 第5章 政治危機への対応と党構造の分極化
  • 第6章 党構造の表層と深層
  • 第7章 人民党と反ファシズム

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 権威と服従 : カトリック政党とファシズム
著作者等 村上 信一郎
書名ヨミ ケンイ ト フクジュウ
出版元 名古屋大学出版会
刊行年月 1989.2
ページ数 301, 7p
大きさ 22cm
ISBN 4815801061
NCID BN03226708
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89026525
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想