計測工学の基礎

池田拓郎 著

本書は、ユニークな構成により、計測工学の基礎理論をわかりやすく解説するとともに、応用力を養えるよう配慮した内容となっています。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1章 応答(伝達関数
  • 応答
  • 信号線図
  • 等価回路
  • 応用物理とフーリエ変換)
  • 2章 変換(測定と伝送
  • 線形の結合と変換
  • 電気・機械変換
  • ディジタル変換)
  • 3章 誤差(誤差
  • 正規分布と誤差
  • 未知定数の決定
  • 雑音)
  • 4章 単位(単位
  • 標準
  • 次元)
  • 5章 計測(計測法と計測材料
  • アナログ制御
  • 材料学の基礎
  • 応用物理実験法)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 計測工学の基礎
著作者等 応用物理学会
池田 拓郎
書名ヨミ ケイソク コウガク ノ キソ
書名別名 Keisoku kogaku no kiso
シリーズ名 基礎コース
応用物理学シリーズ
出版元 オーム社
刊行年月 1989.2
ページ数 191p
大きさ 22cm
ISBN 4274128490
NCID BN03224021
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89026851
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想