いまむかし札幌を歩く  第1部 (都心から郊外へ)

札幌市教育委員会文化資料室 編

冬季オリンピック、地下鉄開通で札幌の街並みは一変した。ファミリーレストラン、スーパーマーケット、書店、銭湯が郊外に進出し第2、第3の都心を形成している。本書は写真、図版280枚で対比する古今の街角ウォッチングである。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 駅前通り
  • 公園と緑地
  • 果樹園と水田と玉葱畑
  • スキー場
  • ゴルフ場
  • 市場・マーケット
  • ビヤホール・ガーデン
  • ファミリーレストラン
  • ファーストフード
  • そば屋
  • 風呂屋
  • 本屋・古書店
  • 予備校・塾
  • 歩道橋から街を見る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 いまむかし札幌を歩く
著作者等 札幌市教育委員会
札幌市教育委員会文化資料室
書名ヨミ イマ ムカシ サッポロ オ アルク
書名別名 都心から郊外へ
シリーズ名 さっぽろ文庫 別冊
巻冊次 第1部 (都心から郊外へ)
出版元 北海道新聞社
刊行年月 1988.2
ページ数 68p
大きさ 30cm
ISBN 4893631098
NCID BN03222467
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
88029324
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想