音楽する社会

小川博司 著

ブリッコ、アイドル、ノリ、イメソン、MTV、CD、ビデオ、俵万智現象etc.世は変わり、歌は変わる…。メディア、音楽、人間の変容と絡みを解きほぐし、鮮明に時代の像を結ぶ。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 装置との共生-マクルーハン、ケージ、シェーファー(マクルーハン再考
  • メディアとサウンドスケープ)
  • 2 サウンド志向(音楽化の基軸
  • 日本ポピュラー音楽史にみるサウンド志向
  • デジタル化と音楽化)
  • 3 ノリの体験(ノリとはなにか
  • ノリの条件
  • 総ノリ現象)
  • 4 時間の浪費(音楽行動と時間
  • 音楽の「新奇性」と「永遠性」)
  • 5 アイドル現象の基盤(アイドルとは何か
  • アイドルの系譜
  • 元気の素としてのアイドル)
  • 6 松田聖子-消費社会のアイドル
  • 7 サウンドスケープとしての広告音楽(イメージソング以後の広告音楽
  • 広告音楽の機能)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 音楽する社会
著作者等 小川 博司
書名ヨミ オンガクスル シャカイ
出版元 勁草書房
刊行年月 1988.11
ページ数 202, 13p
大きさ 20cm
ISBN 4326650974
NCID BN03213182
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013353
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想