衝突の理論  下

モット, マッセィ 著 ; 高柳和夫 訳

[目次]

  • 目次
  • 下巻
  • 第X章 遅い電子の原子による弾性散乱
  • 1. Ramsauer‐Townsend効果 / p255
  • 2. 低速電子の散乱の理論,部分断面積の方法 / p259
  • 3. 部分断面積の方法の一般的応用 / p262
  • 4. 部分断面積の方法の定量的な応用 / p266
  • 5. 弾性散乱における電子交換 / p272
  • 6. 水素及びヘリウムによる弾性散乱の場合の電子交換効果の計算 / p272
  • 7. 偏極効果 / p279
  • 第XI章 電子と原子の非弾性的衝突
  • 1. 一般公式 / p285
  • 2. 水素とヘリウムに対する微分断面積の計算.非弾性的に散乱された電子の角分布 / p288
  • 3. 全衝突断面積 / p305
  • 4. 速い電子に対する阻止能の計算 / p314
  • 5. おそい電子と原子の非弾性衝突 / p323
  • 6. まとめ / p333
  • 第XII章 重い粒子間の衝突
  • 1. この項目に含まれる物理的諸現象 / p336
  • 2. 重い粒子の速い衝突 / p340
  • 3. 重い粒子のおそい衝突 / p350
  • 第XIII章 原子核衝突
  • 1. 最も簡単な核衝突と核子間の力の法則 / p372
  • 2. 原子核衝突における多体共鳴現象 / p382
  • 3. おそい中性子の散乱に対する分子結合の影響 / p405
  • 4. おそい中性子の磁気的散乱 / p417
  • 5. 速い粒子と中くらい乃至重い核との衝突 / p423
  • 6. 核分裂 / p427
  • 第XIV章 パラメーター変化の法による遷移確率
  • 1. 序 / p435
  • 2. 時間の函数である摂動による原子の励起 / p436
  • 3. 時間について週期的な摂動函数による遷縁 / p443
  • 4. 時間の函数でない摂動によって起される遷移 / p447
  • 第XV章 相対論的二体問題--輻射
  • 1. 相対論的量子力学,遅延ポテンシァルの使用 / p449
  • 2. 衝突問題の相対論的取り扱い / p453
  • 3. 二つの自由電子間の衝突 / p456
  • 4. 速い粒子による対生成 / p458
  • 5. 輻射を伴わない陽電子消滅 / p460
  • 6. 陽電子と自由電子との衝突 / p460
  • 7. 中間子と電子との衝突 / p461
  • 8. 静的な場によるベクトル中間子の散乱 / p463
  • 9. Bornの衝突の方法による輻射公式の導出 / p464
  • 10. 原子核散乱に対する輻射の力の影響 / p469
  • 訳者註
  • IV. 電子衝撃による原子の励起およびイオン化 / p471
  • V. 重い粒子同志の衝突 / p482
  • VI. 電荷移行反応 / p489
  • VII. 分子による電子散乱の理論 / p503
  • VIII. 分子衝突における振動回転の励起 / p517
  • IX. 気相中の化学反応 / p528
  • X. 輻射を伴う再結合 / p538
  • XI. おわりに / p547
  • 人名索引 / p548
  • 項目索引 / p553

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 衝突の理論
著作者等 Massey, Harrie Stewart Wilson
Massey, Harrie Stewart Wilson, Sir
Mott, N. F. (Nevill Francis), Sir
Mott, Nevill Francis
高柳 和夫
マッセィ
モット
書名ヨミ ショウトツ ノ リロン
書名別名 Shototsu no riron
シリーズ名 物理学叢書 ; 第18
巻冊次
出版元 吉岡書店
刊行年月 1962
版表示 改訂版
ページ数 558p
大きさ 22cm
NCID BN02078616
BN03199638
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
62003137
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想