円仁

佐伯有清 著

日本天台宗の開創者である最澄のあとを継ぎ、その教義を顕揚し、また新たに天台密教を根づかせた円仁。入唐して揚州・五台山・長安における修学と書籍の求得に、ひたむきに心をかたむけたその真摯な姿、会昌の破仏という未曽有な出来事に際会し、幾多の辛酸を嘗め、強靭な精神に支えられた足掛け10年におよぶ苦難の旅。その生涯を克明に描いた伝記。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 入唐以前(円仁の誕生と出自
  • 広智とその周辺
  • 最澄の膝下で
  • 最澄示寂後の円仁)
  • 入唐求法(請益僧拝命
  • 入唐前の制誡
  • 3度目の渡海と上陸
  • 揚州府への道
  • 揚州にて
  • 留住の決意
  • 赤山法華院と張宝高
  • 五台山への旅
  • 五台山巡礼
  • 長安にて
  • 帰国までの長い旅)
  • 顕揚大戒(入京と帰山
  • 潅頂と授戒
  • 著作と供養の始修
  • 円仁の死去)
  • 慈覚大師伝説(慈覚大師伝説の諸相
  • 立石寺と慈覚大師伝説
  • 慈覚大師と東北)
  • 円仁の家系図
  • 略年譜
  • 参考文献
  • 円仁の入唐巡礼略地図

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 円仁
著作者等 佐伯 有清
書名ヨミ エンニン
シリーズ名 人物叢書 新装版
出版元 吉川弘文館
刊行年月 1989.3
版表示 〔新装版〕
ページ数 311p
大きさ 19cm
ISBN 4642051589
NCID BN03194306
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89027852
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想