Pain : 痛みの基礎と臨床

高倉公朋 ほか編

[目次]

  • 基礎編(痛みについて
  • 受容器-構造と機能
  • 痛覚の中枢内経路
  • 痛みの中枢中機構
  • 侵害受容機構における内因性活性物質の役割
  • 内因性鎮痛機序
  • 内因性オピオイド物質
  • 発痛物質
  • 内臓痛
  • 痛みと自律神経 ほか)
  • 臨床編(頭痛
  • 頭頚部痛<三叉神経痛、舌咽神経痛、歯痛を含む>
  • 視床痛
  • 胸痛-特に心臓病を中心に
  • 腹痛
  • 腰痛
  • 婦人科領域の痛み
  • 帯状疱疹痛
  • 運動器の痛み
  • 癌性疼痛と治療 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 Pain : 痛みの基礎と臨床
著作者等 高倉 公朋
佐藤 昭夫
森 健次郎
出版元 朝倉書店
刊行年月 1988.7
ページ数 500p
大きさ 27cm
ISBN 4254321163
NCID BN03170862
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
91010939
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想