パクス・アメリカーナの光と陰

上杉忍 著

大恐慌の絶望から立ち上がり、世界の盟主となったアメリカが築き上げた「世界の平和(パクス・アメリカーナ)」。やがて超大国の繁栄にかげりを落とす、ヴェトナムの傷跡。苦悩し、自省し、模索する、同時代史をみずみずしく描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 大恐慌の試練
  • 第2章 ニューディールと「アメリカ再生」の夢
  • 第3章 第2次世界大戦期のアメリカ
  • 第4章 冷戦と自己満足の時代
  • 第5章 よみがえるアメリカの民衆
  • 第6章 パクス・アメリカーナの終焉
  • 参考文献
  • 年表
  • 索引

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 パクス・アメリカーナの光と陰
著作者等 上杉 忍
書名ヨミ パクス アメリカーナ ノ ヒカリ ト カゲ
シリーズ名 新書アメリカ合衆国史 3
講談社現代新書 3
出版元 講談社
刊行年月 1989.2
ページ数 237p
大きさ 18cm
ISBN 4061489380
NCID BN0316516X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025158
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想