クループスカヤ『国民教育と民主主義』入門

海老原遥 著

[目次]

  • 第1章 クループスカヤの生涯-『国民教育と民主主義』はいかにして書かれたか(生いたちと夜間日曜学校教師への道
  • 労働者のための事業と教育学研究
  • 社会主義教育の建設に向かって)
  • 第2章 『国民教育と民主主義』の構成と展開(全体の構想
  • 教育史的アプローチ
  • 新しい問題提起
  • 現状分析
  • 今後の展望
  • 生きた指針として)
  • 第3章 『国民教育と民主主義』に寄せて(労働と人間発達-もともと労働が人間をつくった
  • 労働者階級の出現とその運命-自由と貧困のはざまで
  • 資本主義社会のもたらした人間発達の要因-矛盾のなかに潜むもの
  • 人間の全面発達のための客観的基盤-可能性を現実性へ
  • 新しい人間の創造に向けて-生産労働と教育との結合の必然性
  • 『国民教育と民主主義』以降)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 クループスカヤ『国民教育と民主主義』入門
著作者等 海老原 遥
書名ヨミ クループスカヤ コクミン キョウイク ト ミンシュ シュギ ニュウモン
書名別名 Kurupusukaya kokumin kyoiku to minshu shugi nyumon
シリーズ名 教育学古典解説叢書 8
出版元 明治図書
刊行年月 1989.2
ページ数 192p
大きさ 19cm
ISBN 4180882086
NCID BN03164305
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89020056
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想