大英帝国 : 最盛期イギリスの社会史

長島伸一 著

七つの海の支配者、世界の工場-大英帝国は「高度文明社会」の幕明けを告げた。観光旅行、ヴァラエティ・ショー、センセーショナルなマスコミ。消費ブームに沸く大衆社会化現象の一方で、宏大な植民地と、「二つの国民三つの階級」を内包した帝国の矛盾が、露呈し始める。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 「高度文明社会」の幕開け
  • 2 二つの国民・三つの階級
  • 3 版図からみた大英帝国
  • 4 「ジャックと豆の木」と大英帝国
  • 5 福祉国家への道-「支配の構造」改革
  • 6 大衆社会化現象と庶民生活
  • 7 大衆社会の舞台装置
  • 年表
  • 参考文献

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 大英帝国 : 最盛期イギリスの社会史
著作者等 長島 伸一
書名ヨミ ダイエイ テイコク
シリーズ名 講談社現代新書
出版元 講談社
刊行年月 1989.2
ページ数 208p
大きさ 18cm
ISBN 4061489348
NCID BN03163641
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89025153
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想