関西弁の数学噺 : 数学世界を散歩する

森毅 著

本書は、ソクラテスからオッペンハイマーまでの数学史を縦軸に、大学入試の採点から見た数学的思考を横軸に、独得の語りで展開する、数学世界のフィールドワークの書である。笑いながら、驚きながら、読みすすむうち、数学アレルギーの人には一服の治療薬として、数学マニアには発想の転換薬として、じわじわと効いてくる。絶妙な話術をたのしみながら、まったく新しい、数学世界が散策できる待望の一冊。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 3千年の数学噺(ギリシアからはじまる数学の話-東地中海が生んだ文化
  • イタリアからはじまる数学の話-文化の裏街道)
  • 2 現在形の数学噺(数学でだいじなこと
  • 数学でいちばんだいじなこと)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 関西弁の数学噺 : 数学世界を散歩する
著作者等 森 毅
書名ヨミ カンサイベン ノ スウガクバナシ
書名別名 Kansaiben no sugakubanashi
シリーズ名 Fukutake books 5
出版元 福武書店
刊行年月 1989.2
ページ数 213p
大きさ 19cm
ISBN 4828833048
NCID BN03154050
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89026776
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想