日本文化史

石田一良 著

日本文化史学の権威が、世界に開かれた心を以って、学界の定説・常識を破り独創的見解を連ねて、日本文化の展開と特色-日本の心と形-を、体系的に、説き明かした画期的労作。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1講 始原時代(大和時代)の文化
  • 第2講 奈良時代の文化
  • 第3講 平安時代の文化
  • 第4講 鎌倉時代の文化
  • 第5講 室町時代の文化
  • 第6講 戦国-江戸時代の文化
  • 第7講 東京(明治・大正・昭和)時代の文化
  • 第8講 神道史の展開-カミと日本文化
  • 第9講 日本仏教史の展開-仏と日本文化
  • 第10講 日本儒教史・キリスト教史の展開-天・デウスと日本文化
  • 第11講 日本文化史と日本文化と特徴(上)-世界と世界史から見た日本文化
  • 第12講 日本文化史と日本文化の特徴(下)-日本文化の特質とその展開
  • 補講 文化史学的思考

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本文化史
著作者等 石田 一良
書名ヨミ ニホン ブンカシ
書名別名 日本の心と形
出版元 東海大学出版会
刊行年月 1989.2
ページ数 456p
大きさ 22cm
ISBN 4486010256
NCID BN0314521X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89061455
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想