他者の耳

ジャック・デリダ [著] ; Cl.レヴェック, C.V.マクドナルド 編 ; 浜名優美, 庄田常勝 訳

本書は、1979年10月22‐4日、モントリオール大学で行なわれた討議をもとにして出版されたものである。自伝と翻訳という、われわれの対話の二つのモチーフを選んだのはジャック・デリダ自身である。10月22日に行われた講演「ニーチェの耳伝」に引き続いて、自伝ならびに翻訳についての討議がなされた。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 講演 ジャック・デリダ ニーチェの耳伝 固有名詞のポリティーク-ニーチェの教え(生ける女(もの)のロジック
  • 国家の耳筆(オトグラフ)サイン
  • OMPHALOS)
  • 討議 自伝について(内なる縁取り
  • ジャンルの変容-範疇から性別へ
  • 第三のロジック
  • 遊戯、労働そして彼岸
  • この-信じ難い-恐ろしい-あらぬ-もの
  • 心の耳)
  • 討議 翻訳について(変換と父親殺しの解体-構築
  • 差-延のオペレーター
  • 哲学への移行-通路
  • 鏡像反射〔思弁-投機〕の翻訳
  • 偽の意味
  • 複合過去形の翻訳について
  • 言語のなかの追放)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 他者の耳
著作者等 Derrida, Jacques
Lévesque, Claude
McDonald, Christie V
庄田 常勝
浜名 優美
マクドナルド クリスティー・ヴァンス
レヴェック クロード
書名ヨミ タシャ ノ ミミ
書名別名 L'oreille de l'autre

デリダ「ニーチェの耳伝」・自伝・翻訳

Tasha no mimi
出版元 産業図書
刊行年月 1988.12
ページ数 291p
大きさ 20cm
ISBN 4782800460
NCID BN03143087
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89013995
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 フランス語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想