古代日本の精神風土

笠井昌昭 著

古代〜鎌倉時代中期を生きた日本人の精神世界を史書、縁起絵巻、あるいは都鄙意識などから鮮やかに読み解く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 古代における「中央的なもの」と「地方的なもの」
  • 第1章 『日本書紀』を中心とした池の伝承について-立后の儀の周辺
  • 第2章 『続日本紀』にあらわれた孝の宣揚について
  • 第3章 わが国10世紀末における疫病の流行とその影響について
  • 第4章 『大鏡』の歴史思想
  • 第5章 天神信仰の本質と「北野天神縁起絵巻」

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 古代日本の精神風土
著作者等 笠井 昌昭
書名ヨミ コダイ ニホン ノ セイシン フウド
出版元 ぺりかん社
刊行年月 1989.2
ページ数 223p
大きさ 20cm
NCID BN03142492
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89030477
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想