戦国策  上

沢田正煕 著

[目次]

  • 目次
  • 解説
  • 一、 時代区分と呼称 / 11
  • 二、 封建制度の崩壊 / 12
  • 三、 産業革命 / 16
  • 四、 思想文化の繚乱時代 / 18
  • 五、 戦国策の成立と伝承 / 20
  • 六、 戦国策書の内容 / 22
  • 本文
  • 巻一 西周
  • 一、 弁解の智恵(説客) / 27
  • 二、 信貨を買え / 29
  • 三、 弁解の智恵(游騰) / 31
  • 四、 易地の損得 / 33
  • 五、 一発不中・前功尽矣 / 35
  • 六、 悪声孤立を招く / 37
  • 巻二 東周
  • 七、 九九八十一万人 / 39
  • 八、 物には順序 / 44
  • 九、 祭地の崇 / 45
  • 一〇、 網の張り場所 / 47
  • 一一、 陰険な殺人 / 48
  • 一二、 衆庶強を成し、増積山の如し / 50
  • 一三、 率土の浜、王臣に非ざるはなし / 51
  • 巻三上 秦上
  • 一四、 商鞅車裂 / 55
  • 一五、 嫂は炊がず、父母言わず / 57
  • 一六、 連鶏倶に棲に止まる能わず / 68
  • 一七、 美女舌を破り、美男老を破る / 70
  • 一八、 良婦良僕妾の証 / 72
  • 一九、 よろめく女は妻にせぬ / 75
  • 二〇、 呉人呉吟 / 80
  • 二一、 曾母投杼 / 84
  • 二二、 余明を愛むなかれ / 89
  • 巻三下 秦下
  • 二三、 遠交近攻 / 94
  • 二四、 神叢物語 / 107
  • 二五、 殉死は不可 / 111
  • 二六、 璞樸の誤 / 113
  • 二七、 犬には骨、策士には金(合衡の破綻) / 114
  • 二八、 三人虎を成し、十人椎を揉む / 117
  • 二九、 呂不韋物語 / 120
  • 三〇、 十二歳の策士 / 128
  • 巻四上 斉上
  • 三一、 孝子君を欺かず / 137
  • 三二、 邪魔者の排除法 / 140
  • 三三、 美男の教訓 / 142
  • 三四、 臨淄の殷盛(蘇秦の合従論) / 146
  • 三五、 鳥同翼而聚居、獣同足而倶行 / 150
  • 三六、 田父擅功 / 152
  • 三七、 士は王より貴し / 154
  • 三八、 王愛尺穀 / 163
  • 三九、 蛇足 / 168
  • 四〇、 海大魚 / 171
  • 四一、 美珥のゆくえ / 173
  • 四二、 土偶と木偶 / 174
  • 卷四下 斉下
  • 四三、 転禍為功 / 176
  • 四四、 水中の猿猴・魚鼈に如かず / 179
  • 四五、 長𨦇帰来乎 / 181
  • 四六、 人哭・地坼・天雨血 / 192
  • 四七、 倚門の望 / 196
  • 四八、 脣亡則歯寒 / 198
  • 四九、 歳亦無恙耶 / 200
  • 五〇、 賢后と智恵の輪 / 204
  • 巻五 楚
  • 五一、 虎の威を借る狐 / 209
  • 五二、 溺井の狗、人を噬む / 211
  • 五三、 刑量の探り方 / 212
  • 五四、 蘇秦の合従論 / 214
  • 五五、 貧窮の打開策 / 221
  • 五六、 女性は哀しくまた強し / 225
  • 五七、 張儀の連横論 / 228
  • 五八、 女の執念 / 238
  • 五九、 不死の薬 / 240
  • 六〇、 勝敗は歩のつかい方 / 242
  • 六一、 癘人・王を憐む / 243
  • 六二、 孽不可為将 / 249
  • 六三、 鵲謂之烏、盗賊公行 / 251
  • あとがき / 254

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 戦国策
著作者等 沢田 正煕
書名ヨミ センゴクサク
シリーズ名 中国古典新書
巻冊次
出版元 明徳出版社
刊行年月 1968
ページ数 254p
大きさ 29cm
ISBN 4896192222
NCID BN03134916
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
73020027
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想