響存的世界

鈴木亨 著

実存から労存へ、労存から響存へ。鈴木哲学の根源的理法=存在者逆接空と究極の響存的世界を読む。日常的現実の世界は、歴史的に見たものが実存宇宙史であり、論理学として把えたものが響存的世界である。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 哲学講義(思惟の機能
  • 世界における人間の立場
  • 実在世界の論理構造
  • 宗教と倫理
  • 芸術と美)
  • 2 交響的世界(交響的世界
  • 響存哲学-わたしの哲学的世界観
  • 現実存在の世界)
  • 3 響存的世界(判断的世界-実存
  • 概念的世界
  • 推論式的世界-労存から響存へ)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 響存的世界
著作者等 鈴木 亨
川村 孝則
書名ヨミ キョウゾンテキ セカイ
書名別名 Kyozonteki sekai
出版元 三一書房
刊行年月 1983.1
ページ数 348, 3p
大きさ 20cm
ISBN 4380965147
NCID BN03133403
BN15467075
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
83019906
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想