紫禁城の黄昏

R.F.ジョンストン 著 ; 入江曜子, 春名徹 訳

イギリスの有能な官僚にして中国文化を高く評価する学者であったジョンストン(1874‐1938)は、1919年清朝最後の皇帝宣統帝溥儀の家庭教師として紫禁城に迎えられ5年余りそこで暮した。宦官に支配される「小宮廷」の実態をつぶさに書きとめたこのインサイド・ストーリーは、清朝末から「満州国」にかけての中国理解に欠かせない1冊。図版多数。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章
  • 第1章 紫禁城1919〜1924
  • 第2章 清室の教師たち
  • 第3章 黄昏の満州宮廷
  • 第4章 内務府
  • 第5章 龍いまだ幼く
  • 第6章 龍は目醒める
  • 第7章 自分の翼ではばたく
  • 第8章 龍と鳳凰
  • 第9章 陰謀と計略
  • 第10章 紫禁城の庭園
  • 第11章 夏の宮殿
  • 第12章 10月5日
  • 第13章 囚われの龍
  • 第14章 龍の飛翔
  • 終章 龍、故郷へ帰る

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 紫禁城の黄昏
著作者等 Johnston, Reginald Fleming
Johnston, Reginald Fleming, Sir
入江 曜子
春名 徹
ジョンストン レジナルド・フレミング
書名ヨミ シキンジョウ ノ タソガレ
書名別名 Twilight in the forbidden city
シリーズ名 岩波文庫
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.2
ページ数 507p
大きさ 15cm
ISBN 4003344812
NCID BN03125562
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89027920
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 英語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想