動物の本能

桑原万寿太郎 著

科学のアプローチを許さないかに見える神秘的な動物の行動にも、神経行動学の最近の成果や実験を経て、いま、新たな光が当てられつつある。単純と思われがちな昆虫から身近なニワトリに至るまで、多様で複雑な動物たちの行動とその研究を具体的に紹介し、本能や学習とは何かを問いかけつつ、不思議な魅力あふれる世界へと誘う。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 序章 本能行動研究のあけぼの(クモの巣造り
  • ミツバチの情報交換
  • 生れつきの知恵か学習か?)
  • 第1章 本能行動のメカニズム(本能行動の単位
  • 生れながらの名演技 ほか)
  • 第2章 本能行動の自発性(中枢神経系内での衝動興奮の自発的発生
  • CEMの局在の電気生理学的証明 ほか)
  • 第3章 本能行動の変容と学習効果(タキシスと本能行動
  • さまざまな本能行動の変容 ほか)

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 動物の本能
著作者等 桑原 万寿太郎
書名ヨミ ドウブツ ノ ホンノウ
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.2
ページ数 206p
大きさ 18cm
ISBN 4004300592
NCID BN0312456X
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028216
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想