価値・雇用・恐慌 : 宇野学派とケンブリッジ学派

横川信治 著

[目次]

  • 序章
  • 第1章 古典派の労働価値説と剰余理論
  • 第2章 マルクスの還元理論と形態理論
  • 第3章 古典派の雇用理論
  • 第4章 マルクスの社会的再生産論
  • 第5章 流通と信用
  • 第6章 貨幣的恐慌論の発展
  • 第7章 貨幣的恐慌論による景気循環の説明
  • 終章

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 価値・雇用・恐慌 : 宇野学派とケンブリッジ学派
著作者等 横川 信治
書名ヨミ カチ コヨウ キョウコウ
書名別名 Kachi koyo kyoko
シリーズ名 マルクス経済学叢書 5
出版元 社会評論社
刊行年月 1989.1
ページ数 239p
大きさ 22cm
NCID BN03124366
BN04053274
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89024007
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想