コメを考える

祖田修 著

日本のコメと農業はいま、市場開放を迫る内外からの風圧の下で、文字通り瀬戸際に立っている。コメの価格をどう見るか。輸入の自由化は何をもたらすか。農業への保護をどう改革するべきか-。世界の食糧事情から日本人の食生活や農村の変貌まで、今日のコメ・農業問題の構造を多角的に明らかにし、安易な自由化論に警鐘を鳴らす。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 世界コメ生産の構造
  • 2 コメ戦争をめぐる現実
  • 3 自由化の嵐とコメ・農業論議
  • 4 保護と自由のはざま
  • 5 食生活から見たコメと農業
  • 6 日本の稲作をどうするか
  • 7 食管・農協・地域政策
  • 8 文明史の中の農業
  • 文献一覧

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 コメを考える
著作者等 祖田 修
書名ヨミ コメ オ カンガエル
書名別名 Kome o kangaeru
シリーズ名 岩波新書
出版元 岩波書店
刊行年月 1989.2
ページ数 224, 5p
大きさ 18cm
ISBN 4004300576
NCID BN03123749
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89028396
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想