OS/2への招待 : どこが変わる?何がすごい?

脇英世 著

次世代のパソコン・オペレーティング・システムの主流は、OS/2になると考えられている。パソコンをめぐる新しい時代の流れのなかで、OS/2の登場は何を意味するのだろうか。そもそも、現在の主流OSであるMS‐DOSでは、何がたりないのだろう。進化してやまない、パソコン・ハードのスーパーパワーを開花させるOS/2の、複雑にして精緻な仕組みの全貌を理解するのはなまやさしいことではない。本書は、この新世代のOSが拓く可能性と、それを支える構造を理解するための水先案内人となるだろう。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 OS/2の時代
  • 第2章 IBMのSAAとOS/2の関係
  • 第3章 インテル80286を理解する
  • 第4章 マルチタスクと特権モード
  • 第5章 OS/2のマルチタスク機構
  • 第6章 プロセス間の通信
  • 第7章 OS/2のメモリ管理
  • 第8章 OS/2とファイル
  • 第9章 ダイナミック・リンキング
  • 第10章 デバイス管理
  • 第11章 プレゼンテーション・マネージャ

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 OS/2への招待 : どこが変わる?何がすごい?
著作者等 脇 英世
書名ヨミ オーエス ニ エノ ショウタイ
シリーズ名 ブルーバックス
出版元 講談社
刊行年月 1989.2
ページ数 263, 6p
大きさ 18cm
ISBN 406132764X
NCID BN03122520
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89026318
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想