イギリス財政思想史研究序説 : イギリス重商主義財政経済論の解明

大淵利男 著

[目次]

  • 目次
  • 第一章 重商主義の本質と構造 / p17
  • 一 問題のいとぐち-イギリス重商主義思想の系譜- / p17
  • 二 重商主義の本質に関する諸解釈 / p29
  • 三 重商主義の本質 / p64
  • 四 重商主義の史的発展段階 / p83
  • 五 むすび / p90
  • 第二章 トーマス・マンの重商主義経済理論と財政思想 / p91
  • 一 問題のいとぐち / p91
  • 二 重商主義におけるトーマス・マンの地位 / p93
  • 三 マンの重商主義経済理論とその要諦 / p99
  • 四 マンの財政思想-貿易差額論によって貫徹された国防論的財政思想- / p139
  • 五 むすび / p151
  • 第三章 トーマス・ホッブズの政治哲学と財政経済思想 / p155
  • 一 問題のいとぐち / p155
  • 二 ホッブズの専制主義的政治哲学の原理 / p161
  • 三 ホッブズの経済理論とその重商主義的性格 / p185
  • 四 ホッブズの課税権の絶対性と市民的財政思想 / p204
  • 五 むすび / p238
  • 第四章 サー・ウィリアム・ペティの財政経済思想 / p241
  • 一 問題のいとぐち-ペティの重商主義的性格と初期資本主義的性格・ペティの著作- / p241
  • 二 ペティ経済理論の構成 / p251
  • 三 ペティの財政思想 / p277
  • 四 むすび / p336
  • 第五章 ジョン・ロックの政治哲学体系と財政経済思想 / p341
  • 一 問題のいとぐち / p341
  • 二 ジョン・ロックにおける政治哲学の体系 / p345
  • 三 ジョン・ロックの経済理論の重商主義的性格と自由主義的性格 / p385
  • 四 ロック租税思想の市民的構造 / p425
  • 五 むすび / p443
  • 第六章 チャールズ・ダヴナントの貿易理論の構成と財政思想 / p449
  • 一 問題のいとぐち / p449
  • 二 チャールズ・ダヴナントの経済理論の要義 / p453
  • 三 チャールズ・ダヴナントの財政思想 / p473
  • 四 むすび / p481
  • 第七章 ジェームズ・スチュアートの『政治経済学の諸原理の研究』の構造と財政思想 / p483
  • 一 問題のいとぐち / p483
  • 二 ジェームズ・スチュアートの『政治経済学の諸原理の研究』の構造 / p492
  • 三 ジェームズ・スチュアートの財政思想 / p544
  • 四 むすび / p579

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 イギリス財政思想史研究序説 : イギリス重商主義財政経済論の解明
著作者等 大淵 利男
書名ヨミ イギリス ザイセイ シソウシ ケンキュウ ジョセツ : イギリス ジュウショウ シュギ ザイセイ ケイザイロン ノ カイメイ
書名別名 Igirisu zaisei shisoshi kenkyu josetsu
出版元 評論社
刊行年月 1963
ページ数 581p
大きさ 22cm
NCID BN03116040
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
63006717
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想