遥かなる高麗 : 16世紀韓国開教と日本イエスス会

J.G.ルイズデメディナ 著

かたく閉ざされたその国境の内側から、赤く燃えあがる火刑台の焔の中から、遥かなる王国・高麗に実った信仰の息吹が聴こえてくる。大きな反響を呼んだオリジナル版(ローマ・スペイン語版)を大幅に改訂・増補した待望の第2版=日本語版。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1部 韓国カトリック教会の起源(前史-日本の中の高麗
  • 布教への道-侵略の半島へ
  • 初穂-被虜人の受洗、殉教と布教の継続
  • 高麗の美しい教会と多数の信徒
  • 北京からの構想)
  • 第2部 未刊史料

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 遥かなる高麗 : 16世紀韓国開教と日本イエスス会
著作者等 Ruiz de Medina, Juan G
ルイズデメディナ ホアン・ガルシア
書名ヨミ ハルカナル カオリ
書名別名 Orígenes de la iglesia católica coreana desde 1566 hasta 1784
出版元 近藤出版社
刊行年月 1988.12
ページ数 381p
大きさ 22cm
ISBN 4772504192
NCID BN03107141
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89021108
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
原文言語 スペイン語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想