フロイト

小此木啓吾 編

19世紀の科学的知性を心の世界に向け変え、20世紀の思想・芸術に衝撃的な影響を及ぼしたフロイト。その独創になる精神分析は、人間の潜在意識の領域に挑んで性欲動(エロス)と自己破壊(タナトス)にかられる無意識界を直視させた。本書は、膨大な全集から精選した著作と論文を通して、彼個人の夢や失錯行為の自己分析および臨床経験など、身近で具体的なフロイトの精神分析を理解できるよう配慮した。フロイトの思想体系を総合的にとらえた研究書。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 1 フロイトの思想(フロイト思想の概観
  • 精神分析理論の展開
  • 精神分析の応用分野)
  • 2 フロイトの生涯と思想形成(神経病医フロイト
  • 精神分析の誕生
  • 性の抑圧=偏見との闘い
  • 自己分析の道
  • 反発‐名声‐離反
  • 闘病と苦難)
  • 3 フロイトの著作(著作概観)
  • 4 フロイトと現代(ウィーン・チューリッヒにおける批判的展開
  • 米国における適応と繁栄
  • イギリス学派の動向
  • フランス・スイスにおける哲学と精神分析
  • フロイトと社会変革の思想
  • 日本の精神分析)
  • 年表
  • 文献案内

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 フロイト
著作者等 小此木 啓吾
書名ヨミ フロイト
書名別名 Furoito
シリーズ名 講談社学術文庫
出版元 講談社
刊行年月 1989.1
ページ数 478p
大きさ 15cm
ISBN 4061588605
NCID BN03102239
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89016276
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想