日本ファシズムの興亡

万峰 著

日本ファシズムは1931年の9.18事変から、2・26事件を経て、軍部による独裁体制を確立した。さらに蘆溝橋事件を挑発して全面的な中国侵略戦争、太平洋戦争へと突き進み、日本を破局へと導いた。ファシズムの理論的指導者北一輝・大川周明と中国との関係、西安事変の意義、国共合作後の中国の抗日戦争の本質を明らかにしつつ、日本ファシズムの全体像を描く。

「BOOKデータベース」より

[目次]

  • 第1章 日本ファシズム研究の現状
  • 第2章 日本ファシズムの登場
  • 第3章 日本ファシズムの台頭と中国
  • 第4章 頻発するファシズム政変の試み
  • 第5章 国体明徴運動の勃興
  • 第6章 2・26事件とその画期的影響
  • 第7章 日本ファシズム体制の完成
  • 第8章 日本ファシズムの暴虐と潰滅
  • 終章 歴史の教訓は永遠に銘記されよう

「BOOKデータベース」より

この本の情報

書名 日本ファシズムの興亡
著作者等 万 峰
書名ヨミ ニホン ファシズム ノ コウボウ
シリーズ名 東アジアのなかの日本歴史 10
出版元 六興
刊行年月 1989.2
ページ数 345, 15p
大きさ 21cm
ISBN 4845381001
NCID BN03096351
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
89023876
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想