日本漁業経済史  下巻

羽原又吉 著

[目次]

  • 標題
  • 目次 下卷 / 3p
  • 第二篇 中世乃至近世漁業及び漁民生活の實證的硏究(承前)
  • 第二十五章 紀州藩の漁業及び漁村 / 3p
  • 第一節 はしがき / 3p
  • 第二節 紀伊國漁業の沿革 / 3p
  • 第三節 紀州藩の產業行政と浦組 / 6p
  • 第四節 御仕入方と漁業の獎勵及び取締 / 8p
  • 漁業獎勵 / 10p
  • 漁業取締 / 19p
  • 第五節 漁業關係の小物成 / 20p
  • 第六節 浦方の發展と加子米 / 28p
  • 第七節 漁業及び漁村通說 / 36p
  • 漁業及び漁村の沿革と變遷 / 37p
  • 漁業生產とその慣行 / 45p
  • 總括 / 58p
  • 第八節 特定の漁村及び漁業の硏究 / 62p
  • 一 加太浦 / 63p
  • 沿革 / 63p
  • 加太浦の發達 / 66p
  • 二 雜賀崎浦 / 69p
  • 沿革 / 69p
  • 蕉幕期の漁業 / 72p
  • 漁業組織と社會生活機構 / 72p
  • 三 三尾浦 / 75p
  • 沿革 / 75p
  • 蕉幕期の漁業 / 77p
  • 漁業組織と取引 / 81p
  • 四 田邊の漁業と海產市場 / 82p
  • まえがき / 83p
  • 漁村及び漁業 / 84p
  • 漁業慣行及び經營 / 88p
  • 海產市場 / 94p
  • 五 串本の漁業とその推移 / 100p
  • まえがき / 100p
  • 串本の漁業槪要 / 101p
  • 串本浦の近代漁業 / 104p
  • 六 古座浦の漁業 / 110p
  • 近世古座浦漁業の沿革 / 111p
  • 古座・高川原對樫野の漁業關係 / 112p
  • 維新後の槪觀 / 125p
  • 七 東牟婁郡の漁業及び山海入會 / 128p
  • 序說 / 128p
  • 佐野組地域の社會經濟機構 / 142p
  • 八 北牟婁郡通況 / 154p
  • 引本浦 / 162p
  • 須賀利浦 / 181p
  • 木ノ本 / 215p
  • 九 紀州捕鯨の覺書 / 222p
  • まえがき / 222p
  • 紀州捕鯨大觀 / 223p
  • 紀州突鯨漁の起原と伊勢灣捕鯨との關係 / 226p
  • 紀州網取鯨漁と漁法及び經營 / 234p
  • 第二十六章 加賀藩漁業の社會經濟史的硏究 / 279p
  • 第一節 序言 / 279p
  • 第二節 加越能の自然と古代人文 / 279p
  • 一 自然 / 280p
  • 越前國 / 280p
  • 加賀國 / 281p
  • 能登半島 / 282p
  • 二 人文 / 287p
  • 漁業の特徴 / 287p
  • 第三節 加能越漁業の發達(一) / 291p
  • 史前史的事象 / 291p
  • 結尾 / 302p
  • 第四節 加能越漁業の發達(二) / 317p
  • 一 一般漁業 / 318p
  • 起中國魚津町 / 333p
  • 越中國濱經田町 / 335p
  • 越中國滑川町 / 335p
  • 氷見郡の邑落 / 340p
  • 能登國 / 342p
  • 能登島漁村 / 344p
  • 石崎村の漁業 / 347p
  • 西湊村赤浦 / 350p
  • 熊木村・中島村の沿革 / 351p
  • 珠洲郡 / 352p
  • 鳳至郡 / 353p
  • 羽咋郡 / 358p
  • 邑知潟の漁業 / 363p
  • 河北潟の漁業 / 363p
  • 今江潟・木場潟・柴山潟 / 372p
  • 二 舳倉島蜑漁業 / 376p
  • 序言 / 376p
  • 輪島蜑の沿革 / 377p
  • 蜑に關する傳說 / 379p
  • 小括 / 387p
  • 第五節 加賀藩時代の漁業 / 389p
  • 能登内浦 / 389p
  • 能登外浦 / 494p
  • 加賀國 / 610p
  • 漁獲物の賣買 / 656p

「国立国会図書館デジタルコレクション」より

この本の情報

書名 日本漁業経済史
著作者等 羽原 又吉
書名ヨミ ニホン ギョギョウ ケイザイシ
巻冊次 下巻
出版元 岩波書店
刊行年月 1955
ページ数 684p
大きさ 22cm
NCID BN03089458
※クリックでCiNii Booksを表示
全国書誌番号
55010997
※クリックで国立国会図書館サーチを表示
言語 日本語
出版国 日本
この本を: 
このエントリーをはてなブックマークに追加

このページを印刷

外部サイトで検索

この本と繋がる本を検索

ウィキペディアから連想